みんな自分の真実を生きている

人を変えることは、山を動かすかの如く。

ほぼ不可能に近い。

なぜそんなに難しいかというと、みんな自分が正しいと信じているからだ。

同じ物事を見ても、AさんとBさんでは捉え方が違う。

Aさんには黄緑色に見える現実が、Bさんには若草色に見えている。

黄緑色と若草色くらいの齟齬ならまだいいけれど、場合によっては赤と緑くらいの隔たりがある。

黄緑色

でもどっちが正しいというわけではない。

それが黄緑色と若草色の微妙なズレであっても、赤と緑の明確な違いであっても、当人にとってはそれぞれの色が正解で絶対なのだ。

黄緑色が正しいと思っている人に、若草色を押し付けても、それは無駄なこと。

だってその人にとっては、黄緑色こそが真実なのだから。

私たちにできるのは、相手を若草色に染めることではない。

あなたは黄緑色なんだね…と、ただその違いを認めて受け入れること。

だって黄緑色はその人にとって、まぎれもない真実なのだから。

無理に混じりあう必要はない。

無理に迎合する必要もない。

無理に相手を持ち上げる必要もない。

私たちのチャレンジは、黄緑色と若草色の真実を持つ者同士が、お互いの違いを責めず、非難せず、ジャッジせず、競い合わず、戦わない道を、見つけることだと思う。

満開の桜が、きっとできるよ…と語りかけてくるよう。

桜

 

 

 

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。