「信じると書いて、傷つく覚悟と読む」 by 心屋仁之助さん

心理カウンセラー・心屋仁之助さんのブログにあった一節。

「信じると書いて、傷つく覚悟と読む」。

人を信じるとは、どういうことを指すのだろう…。

信用は、その人の背景や実績から、その能力や言動を疑わないこと。

信頼は、あるタスクや仕事を任せるに足る人物と判断すること。

では、信じるは?

信じるというのは、その人に対して心を開くことだと、私は思う。

鎧を脱いで、心の柔らかな部分を、無防備に見せる覚悟。

たとえそれで不都合なことが起こったとしても、それでもいいと思えること。

安心感

だけど心屋さんは、信じることは傷つくことと紙一重だと言う。

相手が自分に仇なすかもしれない…なんて思ったら、誰だって怖くて心を開くことなんてできない。

この人は、私を裏切るかもしれない。

裏では陰口をたたいているかもしれない。

味方の顔をしていても、巧妙に私を陥れるかもしれない。

そんな風に疑ってしまったら、身構えるし、幾重にもバリアーを張る。

本当の気持ちは、笑顔の裏に隠して、触れられないようにしっかり守る。

だって………、傷つきたくないから。

それは閉じた心と閉じた心のおつきあい。

きれいな心地よい言葉のやりとり。

表面だけをさらっとなぞる、深みのない関係。

なにが起こったって、これなら傷つかないし、たとえ傷ついても痛みが最小限だから。

自分を守ることが最優先であれば、そんな関係を築くしかない。

…でも、それでいい?

「傷ついてもいい」、そんな覚悟がなければ、社交辞令の域を越えられない。

仁さんが言うのは、そういうことかな。

結局は、勇気に行きつくのか。

怖さを克服してのその一歩に、幸多からんことを。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。