直感は過たない(あやまたない)

失ったものの大きさに、今更のごとくおののいて・・・。

その喪失感に心が浸食されていく。

これでよかったんだと思う反面、後悔しているかのような想いが湧きあがる。

前を向いてズンズン歩いていきたいのに、つい後ろを振り返ってしまったりして。

 

そんな時、ある人がサラッと言った。

「Chikaさんは何ひとつ失っていないように、僕には見えます。」

 

聞いた当初は、この人、何も分かってないなぁ・・・と思った。

まあ、私の状況を知らないんだから、しょうがないか。

 

だけどこの言葉、時間とともにジワジワ効いてきた。

 

私は何ひとつ失っていない。

 

なんて力のある言葉だろうか。

深く染み入ってくる。

人生に起こることは全て必然。

どんな出会いも別れも、おそらくは生まれる前から決まっていたこと。

そして私・・・、私たちは、なにひとつ間違ってなんかいない。

 

内側の感触を、もっと信頼してもいいんだ。

直感は過たない。

そう、誰の直感も。

だからみんなそれでいいんだ。

 

・・・なんだか嬉しいかも、この感覚。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。