東京日帰り・草場一壽さんの個展(銀座)

天の河伝説を鑑賞し外に出ると、空はどんよりしているけれど、降ってはいません。

絶対、傘がいると思って、わざわざ持ってきてるのに…。

そうそう、今回、移動がとてもラクだなぁと感じる理由は、荷物がないこと。

泊まるのであれば、メイク道具や着替えも必要になりますが、日帰りなので、私の荷物はショルダーバッグ1個のみ。

中身は、財布、スマホ、ハンカチ、メガネ、イヤホン、ペン、口紅などが入ったポーチ、ペットボトルに傘。

ペットボトルと傘以外は、近所のスーパーに行く時と同じで、身軽なこと、この上ない。

重荷とか負荷とか、荷物の荷には、なにかしら不自由さのイメージがつきまといます。

…さて、身軽なワタクシ、博品館劇場ともう一カ所、行きたい所がありました。

それが、ここ。

草場一壽さん

知る人ぞ知る、草場一壽さんの個展です。

場所は、銀座のギャラリーで、調べてみると、劇所から徒歩8分。

この春、東寺でも個展があり、行きたいけど行けなかったので、これはチャンス!

またまたスマホアプリを頼りに歩いてみました。

途中、やっぱり方向がわからなくて、ガソリンスタンドのお兄ちゃんに教えてもらい、徒歩8分の所、20分かけて辿り着きました。(^^ゞ

私でも知っている、銀座のみゆき通りから、1本入った所。

ビルの3階です。

草場一壽さんの透明感のある美しい絵。

初めの出会いは、観音力カードでした。

それまでタロットやオラクルカードとは無縁だったのですが、日本の神様たちを描いたカードの透き通るような美しさに、目を奪われました。

神様とかはあんまり知らないけれど、絵として惹かれるなぁ…と。

そしてこれが陶彩画という手法で、陶板の上に描いて窯で焼いているらしい…と知り、さらに驚愕しました。

こんな繊細な色を、焼き物で出すなんて!

草場さんの絵は、きっとどこかで見たことあると思います。

草場一壽さん
(大日如来)

草場一壽さん
(波紋)

草場一壽さん
(日和)

草場一壽さん
(夢風)

生の絵をぜひとも見たい…と、ずっと思っていました。

そしてこの絵。

草場一壽さん
(時は今)

SNSで見かけて、ずっと気になっていました。

不思議な龍です。

見る角度によって、ピンクにもミントグリーンにも白にも変わります。

優しいパステルカラーの色使いなのに、カッと見開いた眼は深いブルー。

その厳しい眼差しは、何を睨みつけているのだろう…。

なんともエネルギーに満ちた龍の絵でした。

(撮影禁止だったので、画像はすべてHPからお借りしました。)

ミュージカルと個展、ふたつも想いを遂げられて、大満足でした。

日本一の繁華街にいるにも関わらず、銀ブラしよう…なんて気はみじんも起こらず、そのまままっすぐ東京駅へ。

ホントに苦手なんですね、都会の雑踏が…。

彩弁当

深川煮たっぷりで、ちょっと東京っぽい駅弁を買って、新幹線に飛び乗りました。
(美味しいけど、意外と高カロリー)

夕焼け

窓から見える日本海の夕焼けが、おかえり…と迎えてくれているようでした。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。