チームラボ・永遠の海に浮かぶ無常の花

金沢21世紀美術館、通称まるびぃは、兼六園と石浦神社のお向かいにあり、アクセスもよく、いつも観光客でにぎわっている。

ガラス張りなので、外周部分は中が見えるが、よく行列ができていて、混雑が苦手な私としては、あまり近づきたくない場所だ。

でも時々、とてつもなく魅力的な企画がやってくる。

チームラボ・永遠の海に浮かぶ無常の花も、そのひとつ。

お盆休み直前からスタートしたが、新聞に3日で来場者3万人…とか書いてあるのを見て、二の足を踏んでいた。

なんだろう…、閉所恐怖症というわけではないけれど、人がいっぱいいる空間は、息苦しくて辛くなる。

だが夏休みが終わり、会期終了が近づくにつれて、待ち時間ゼロだった…という声が、SNSに散見されるようになった。

ならば、満を持して(←大げさ(^^ゞ)行ってこようか…と。

バケツをひっくり返したような大雨の午後、夫と二人で出かけた。

駐車場には60分待ちの表示が出ている。

案内のおじちゃんに聞いたら、お客さんの流れ次第なので、60分かかるかもしれないし、運が良ければ20分で入れるかもしれないとのこと。

20分待つのも嫌だけどな…。

でもせっかく来たんだし、チケットはキャンセルできないので、おとなしく待つことにした。

そしたら、車がすいすい動いて、正味10分ほどで入庫できた。しかも入口の真ん前!

いやん、持ってるな~~~私。

駐車場から美術館内に入ると、すぐ企画展の入場口。

最後尾の看板を持った人が…、入り口の所にいる!

ほんとに待ち時間ゼロなんだ。

前日にネット購入したチケットは、スマホの中。(これ初めて!)

私のQRコードに係りの人が自分のスマホをかざすと、ピッ。はい、どうぞお入りください…となる。

こういう所、時代についていってないなぁ。

そして暗い会場に入ると、そこは荒ぶる海の中だった。

チームラボ

右から左から、しぶきを上げて波が襲い掛かってくる。

…もちろん全部映像なんだけれど、すごい迫力。

鏡がいっぱい使われていて、空間が何倍にも広く感じられる。

遥か彼方まで広がる大海原。

海に飲みこまれていく…。

ここにヨガマットを敷いて瞑想したいなぁ🧘‍♂️。

波の広間を抜けると、そこはお花畑だった。

蕾が膨らんで、あでやかな花が咲き、やがて散っていく。

色とりどりの花々のサイクルが幻想的に描かれる。

思わず壁に触ってしまう人続出だ。

次の部屋は、水墨画の世界。

お習字の筆で書いたような黒い線が、細くなり、太くなり、ふくらみ、滲み、回転し…。

奥行きがあって、とても立体的。

でもなんだか既視感がある…。

あ、あれだ。映画メッセージで、同じ言語を持たない宇宙からの来訪者とコミュニケーションをとろうとして、こういう立体的な線の画を使っていた。

メッセージ
(映画メッセージより)

場所を移してA会場は、光のボールの海だった。

無数の光のボールが、緩急をつけながら、くるくる回る。

そして色がどんどん変わっていく。

チームラボチームラボチームラボ

自分がどこにいるのか忘れてしまうような不思議な空間。

光の洪水に溺れそう。

チームラボ

まるで異世界に迷い込んだような時間だった。

デジタルアートの可能性って無限大。

この分野の未来がとても楽しみになる企画展だった。

チームラボ

会期は9月1日まで。あと2日!

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。