詰まっているのが嫌な人、漏れているのが嫌な人

「ストレスを感じる箇所が違うなーー」と夫。

どういう意味かと申しますとね。

実はここ2カ月ほど、朝起きると洗面台に水が溜まっているようになったのです。

きれいに拭いて出勤しても、帰宅すると水たまりができています。

翌朝もまた水たまり。

すき間があるようには見えませんが、蛇口の足元からジワジワと水漏れしているようです。

洗面台(この辺から)

…で、夫はその水たまりを見る度に、言いようのない不快感に襲われていました。

居ても立ってもいられず、私の手鏡で水を掻きだします。

それで毎朝、「私の大事な鏡をそんなことに使わないでよ!」と小競り合いに。

水漏れの量は、一晩で50ccくらい。

確かにもったいないのですが、私にとっては微量の範囲なので、あ~、そのうち修理しないとなぁ…くらいで、それほど気になりません。

ですが、やいのやいのとうるさいので、水漏れ、やっと修理しました。(^^ゞ

 

さて水が漏れることには左程ストレスを感じない私ですが、これが水の詰まりとなると話は別。

1分1秒でも早く解消したくて、居ても立ってもいられません!

家の詰まりは人生の詰まり…と散々説いてきた過去も、無関係ではないでしょう。(^^ゞ

洗面台のパイプが詰まって、床が水浸しになったのは、ちょうどお盆休みの初日でした。

世間はみんな休日だけど、あと4日も待てない!

ネット検索もしてみましたが、まず誰よりもこの家のことをよく知っている、大工さんに連絡を取りました。

有難いことに、「わしらの仕事に、盆暮れはないから」と、水道屋さんと一緒に駆けつけてくれました。

排水口から長いブラシを入れてみましたが、全然効果がなく、結局パイプを分解して、中の詰まりを取ることに。

煮凝りみたいな、コリコリした黒い汚れがわんさか出てきて、無事パイプは開通しました。

この時、夫は、そんなにカリカリしていませんでした。

休みの間は、洗面台を使わなければいいじゃない…とのんびりモード。

洗面台

この対照的な反応を指して、ストレスを感じる箇所が違うと夫は言うのです。

夫は漏れているのが嫌な人、私は詰まっているのが嫌な人。

夫婦や親子といえど、ひとりひとり感覚は違います。

ストレスを感じる事柄も、そのレベルも異なります。

誰かと一緒に暮らす時、自分は平気でも、相手にとっては大問題になることがある…と踏まえておくと、回避できる諍いもあるかもしれません。

 

さて水には関係ありませんが、最近、感覚の違いを経験したことがもうひとつ。

週末、横浜のホテルに泊まりました。

デザイナーズホテルとかで、個性的なしつらえを売りにしています。

でも、今回通された部屋に入って、びっくり仰天。

壁にこんなパネルが!

loveと書いてあるけど、これのどこがlove?

アートの感覚が立っている人にとっては、うわ~~カッコいい!…となるのかもしれませんが、ちょっと私は無理…。

見ず知らずのオジサンに見守られていたら、眠れません。

目が怖いし…。

部屋を替えてもらおうかとも思いましたが、チェックインが遅かったので疲れていて、そんな気力もわかず、申し訳ないけれど、タオルで覆い隠してしまいました。

ホテルのアート

せっかくのアートが、まさに豚に真珠。

これも人の感覚の違いを見せつけられた出来事でした。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。