空色の車でどこへ行こうか 新型フィットクロススター

8月の暑い日、空色の車がやってきた。

それまで乗っていたのは、間もなく製造から12年になろうとする、マツダのベリーサ。

小っこい体で街中でも高速でも、小気味よく走り、内装もシックで気に入っていた。

だがさすがに12年にもなると・・・、そろそろと思い始める。

昨年9月が車検だったので、それを機に乗り換えようと計画したが、次の車が見つからない。

次の車に望むのは、四駆であることと、運転しやすいこと。

私の住まいは坂の上にあるので、降雪時は四駆が必須。

そこに夫の注文が加わった。

安全性だ。

多少ぶつかっても、ぶつかられても、ビクともしない頑丈な車。

そして安全サポート機能が充実した車だ。(加齢を考慮して?)

車の世界も日進月歩。

自動車メーカーはどこも、安全性向上を目指して研究に力を入れている。

頑丈な車・・・というと、SUVかな。

でも私はあまり大きな車は、嫌なのだ。

混んだ駐車場でも、するりんと止められるようなサイズがいい。

日本車は、事故った時に、前と後ろがくしゃっと潰れることで、室内空間を守る。

だから戦車みたいな車でなくても、大丈夫じゃないかな。

そんなことを念頭に、いろいろ探してみたのだが、これに乗りたい!という車にめぐり逢えなかった。

volvoも考えたけれど、四駆になると、サイズがかなり大きい。

そして時間切れ。

しょうがない、これはもうしばらくベリーサに乗れという天の思し召し。

車検を通して、あと2年、ゆっくり探そうと思った。

そのままベリーサとともに年を越した。

ベリーサ

そして2月、ふと見た新車発表会の記事。

ホンダが新型フィットを発売するという。

フィットね・・・。ふ~~~~ん。

だが、その新型モデルの画像に目が釘付けになった。

面構えが可愛い。

そしてモデル車のカラーが水色だった。

しかもメタリックじゃない、絶妙にいい水色。

私は昔から、水色の車に乗りたかった。

水色の車に乗って、風のように走りたかった。

だけど、水色は車には珍しいカラーだ。

たまにあっても、なかなか透明感のある水色ではなく・・・。

画像だけしか見ていないので、実物は違うかも・・・と思いつつ、水色の新型フィットに心をわしづかみにされた。

この車だったら、乗りたい!

ただしこの水色を展開しているのは、新型フィットのクロススターというモデルだけ。

これはアウトドア大好きな若者をターゲットにしていると思われる。

・・・アウトドア。縁がないよ。(^^ゞ

新型フィット
(カタログより)

そして3月。

懇意の車屋さんに相談すると、市内の店舗に水色のクロススターが試乗車としてくるという情報を教えてくれた。

訪ねてみたら、生憎、定休日。

でも店先にちょこんと置かれたクロススターに、私の気持ちは決まった。

これしかない!

試乗もせずに、好きか嫌いかで決めるのもどうかと思うが、私はいつもこうだ。

日本の車を圧倒的に信頼しているので、性能に大差はないと思っている。

だとすると、残るは自分の感性だけ。

地方都市に暮らす者にとって、車は生活の足、大事な相棒だ。

毎日付き合う相棒なんだから、”好き”は外せない。

 

気持ちは決まったものの、その後、コロナ騒ぎが拡大し、ホンダの工場も生産を制限。

なかなか話が進まなかったが、8月、ようやく待ち焦がれた新型フィットがやってきた。

晴れ渡った夏の空を思わせるボディカラー。

思わず、「青空号」と名付けてしまった。(^^ゞ

 

去って行くベリーサの後ろ姿に、心が痛んだ。

長いこと、どうもありがとう。

ベリーサ

さて青空号を駆って、どこへ行こうか。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。