パリスタイルのお正月花で あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

雪もなく穏やかな金沢のお正月です。

久しぶりに家族4人が揃いました。

学校も学年も違いますが、同じ専攻の子どもたち、年明けに試験を控えているため、リビングで問題を出し合いワイワイやっている姿に、ほっこりします。

 

さて2020年の幕開けは、アトリエ・コジーで教えてもらった正月花と共に。

年末に、エクラ鍼灸院のひろみ院長と一緒に、野崎三四子先生のレッスンを受けてきました。

お正月なので、花材も特別。

アトリエ・コジー

左からユーカリの実、ユーカリの葉、コケマツ、胡蝶蘭、バラ(ピンクレース)、レースフラワー。

胡蝶蘭は、他の生徒さんの注文のご相伴にあずかりました。

レッドルビーという名の珍しい蘭です。

ユーカリ

松ぼっくりみたいで可愛いユーカリの実は、こんな風に開きます。

あれ?…ということは、実じゃなくて、蕾なのかな?

では、束ねていきましょう。

アトリエ・コジー

松の間から、花たちが顔を出すように。

ただ闇雲に束ねるのではなく、右利きの私なら、茎が左後方へスパイルを描くように順番に握ります。

レースフラワーは、松に雪が乗っているイメージで。

アトリエ・コジー

松が太いので、なかなか難しい。左手が疲れてプルプルしてきます。

野崎三四子先生のパリスタイルは、自分のイメージに花をあわせるのではなく、花が収まりたい場所を感じ取って、ぴったりくる位置を探します。

きれいな等間隔でバラを配置した私に、「自然界に、こんなひな壇はないでしょ?」…と先生。

あくまでも自然に、花が向きたい方向、収まりたい場所へ。

野崎美代子先生

1センチのマジック…。ほんの少しの微調整で、ぴったりの位置を探り出す先生。

わずかな茎の曲がりやくぼみで、花の向きが変わっちゃう…。

君はどこに行きたいの?

アトリエ・コジー

つりかかった左手をヒクヒクさせながら、なんとかすべての花材を束ね終え、ラフィアで固定。

正月花

どうでしょう?

しっかり固定してあるので、位置がずれることはありません。

このまま家で飾ります。

正月花

ちょうどよいサイズの花瓶がありました。

実家からもらってきた沖縄ガラス。私が小学生の頃から家にありました。

ピンクレースがかわいいな♡

アトリエ・コジーHP

花遊び・色あそびレッスンレポ

 

愛らしい花と一緒に新年を迎えました。

今年も心をこめてブログを書きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。