Chikakoの12月を彩った花たち

昨年12月に出逢った花たちを、一挙ご紹介!

パリスタイル

アトリエ・コジーで花遊び・色あそび。

花が向きたい方向を向かせ、落ち着きたい場所に落ち着かせる…、無理に曲げたり矯正したりしないパリスタイルは、私にあっているかも…。

花材はカンパネラとコンキュサーレとドラセナ。

レッスンレポート

 

クリスマス・リース

Hanayaかれんのオーナー・香織さんに、生のグリーンでリースを作ってもらった。

ほのかに香るヒバがフレッシュ。

 

ビロードのような紅はサムライ。

中途半端な赤ではなく、正真正銘、赤の中の赤…。

凛として、雄々しく、潔く、花束でも一輪でも、圧倒的な存在感を放つ。

サムライ

第2期印象美な大人の表現力教室のクリスマスパーティで、主宰の小西敦子先生から、生徒たちへのプレゼント。

 

ランハーツ

「この人は誰ですか?」の問いに、「ランハーツさんですよ」と答えるお茶目な花屋さん。(flower vision RiRi-Rの坂本オーナー)

同じ品種なのに、少しずつ違う顔。

どれが一番綺麗かなんて、野暮な比較はしない。

 

アレンジメント

職場に飾ったアレンジメント。(flowervision RIRI-R)

紅い実や姫リンゴでクリスマスの雰囲気を醸し出す。

バラ

上記のアレンジメントは、だいたい1週間の命だが、バラとカーネーションが「まだ元気よ!」とアピールしてきた。

自宅に連れ帰り、最後の最後まで輝ききるお手伝い。

 

アレンジメント

Hanayaかれんさんのアレンジメント。

丸いころんとした形で、正面がない。つまりどの方向から見ても、完璧ってこと。

地べたでの撮影、失礼つかまつる<m(__)m>

 

しめ縄づくり

Hanayaかれんさんのワークショップで作ったしめ縄。

左義長で燃やさず、1年間飾る。

しめ縄作りレポート

 

クリスマス・アレンジ

東急ホテル2階で見つけたクリスマス・アレンジメント。

アマリリスとランとダリア。さすが!

 

フルッテート

初対面のフルッテート。

ガラスケースの中から、相手のハートを一発で射止め、骨抜きにするルパンみたいなヤツ…。

淡いピンクからグリーンへの絶妙なグラデーションや、花弁のフリフリ具合が、たまらない。

フルッテート

焦点が甘いが、朝陽の中のフルッテート。

 

シルキーガール

ダリアではなく、正真正銘のキク。

その名もシルキーガール。

この柔らかいピンクの優しさを、表現しえる言葉はあるのだろうか。

ルネッサンス絵画の女性や天使の輝く肌の色…(サイゼリヤの天井画みたいな)。

もはや仏花のイメージはない。

 

お正月花

パリスタイル(アトリエ・コジー)のお正月のしつらえ。

まとまりがあるのに、お花たちは自由。

ゴージャスで可憐。

お正月花・レッスンレポート

 

以上、2019年12月の花たちでした。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。