立花B塾金沢 レベル2・第4講をビデオ受講しました

講座には、直接出席する主義である。

ビデオ受講ができるとしても、リアルにその場で受ける講義とネットを通して受ける講義は、明らかに熱量が違う。

会場に流れるエネルギー、場の力…とでも言おうか。

講師だけではなく、その場に集う参加者全員で作り上げる場の力。

講師業をしていて、場の力に助けられたことは何度もある。

逆にマイナスの力に足を引っ張られたことも。

確かに存在するエネルギーだけど、同じ講義なのにビデオにすると希釈されるのか、感じにくい。

だから講座はリアルに限る!…と思っている。

だが、やむを得ない事情で欠席する場合、頼りになるのはやはりビデオ。

12月の第3講に続き、はなはだ不本意ではあったが、1月の第4講も欠席することになった。

2カ月連続のビデオ受講だ。

一人で視聴するため、集中力が途切れやすい。

1回1時間前後と時間を区切って、取り組んだ。

立花B塾

立花B塾レベル2・第4講のテーマはお金

B塾はいつも三段重ね。

在り方(Being)とブログ(blog)とブランディング(branding)から、その日のテーマに迫る。

今回はお金について。

21世紀のお金との付き合い方(在り方・being)

これはつまり、お金と自分の関係性。

お金をどんなものだと捉えているのか。

キャッシュレスが浸透して、お金の意味が変わってきた。

お金は現金よりも、数字の流れへと移行しつつある。

終身雇用制度も今は昔。

現実が変わったのだから、私たちも認識を変えていかなければならない

お金はもはや、一生懸命働いても一定額しか入ってこず、油断するとすぐに無くなるものではない。

お金は足りないのではなく、満ちている。

ただ社会の中には潤沢にあるが、流れの本流に身を置かなければ、その恩恵には与れない。

そんなこと言ったって、通帳の残高、増えないじゃん!

…とぼやいている限り、流れには乗れないのだとか。

お金は溜め込んで動かさないのではなく、自分に有効に投資すれば、何倍にもなって返ってくるらしいよ。

ここで一番問題になるのは、「自分には稼げるわけがない」というビリーフ。

そう信じ込んでいれば、その通りの現実が創造される。

私に響いたのは、投資と浪費は違うからね…という一文だった(^^ゞ

自己投資

ブログで稼ぐ(ブログ・blog)

長くブログを書いているが、ブログがお金になる…と思ったことはない。

アフィリエイトやアドセンス…、名称は知っているけれど、私には遠い世界のことだ。

まあ、でもその仕組みをちゃんと知っておくのは、いいかもしれない。

ブックレビューには、アマゾンのリンク、貼ってるしね。

ただしたっちー(講師の立花岳志さん)の言う『ブログで稼ぐ』は、信用貯金のことだと思う。

ブログを書くことで、まず自分の人となりを知ってもらう。

そして会ったこともない人に、この人なら信用できる…という確信をもってもらう。

そこで初めて、自分の推す商品や講座を紹介して、積み上げた信用に基づいて、購入してもらう。

それが、たっちーの『ブログで稼ぐ』だと解釈した。

プロフェッショナル論(ブランディング・branding)

プロとは結果を出す人のこと。

教えてもらってないとか、知らなかったとか、言い訳をしない人のこと。

知らないことは、自分から貪欲に学ぶ姿勢を持った人のこと。

そして常に自分を客観的に見ることができる人のことだ。

完璧である必要はないが、常に完璧であろうと努力する姿勢は必要だ。

自己投資

プライシングの重要性(ブランディング・branding)

自由業は、自分で自分の仕事に値段をつけることができる。

だが、これがなかなか難しい。

自分の講座には、3000円の価値しかないと思っている人もいれば、同じ内容で30000円を提示する人もいる。

違いはズバリ、自己肯定感。

自己肯定感が低ければ、自信を持って適正価格を提示することができず、ついつい卑屈になって安売りや値引きをしてしまう。

これは断捨離トレーナーをしていた時に、よく直面する問題だった。

いったいこの講座をいくらで提供すればいいのか。

自分がこの金額で…と思う値段よりも、この値段で来てくれる人がいるかしら…が先に立ち、受講料の設定には毎回、頭を抱えた。

だがどんな値段にしたところで、それに呼応した人が来てくれるのだ。

3000円の講座に、10人来てくれば30000円。

でも30000円の講座は、たった一人来てくれるだけで、同じになる。

お金が全てではもちろんないけれど、仕事でやる以上、この感覚は大切だ。

ボランティア価格が長く続けば、結局モチベーションが萎えて、最高のものを提供できなくなるから。

プライシング

Chikakoの感想

今、私には商うものがない。

ブログで販促したい商品も講座も持っていない。

アフィリエイトやアドセンスも、あまりピンとこない。

特に信用を構築する必要もない。

今私にあるのは、真理を知りたい・学びたいという気持ち。

自己の本質を知り、自分に正直に生きたいという気持ち。

軋轢にまみれた半生だったけれど、自分も他人もあるがままでよしとして、適切な距離感で心地よく生きたいという気持ち。

そのプロセスとして、ブログを書く。

私は書くことで頭の中を整理するタイプだから。

でも将来的には、何がどう展開するのか、分からない。

もしまた誰かに何かを伝える仕事をするようなことがあれば、その時は、お金に関するこの知識が役に立つだろう。

そんな日が…くるのかな?(^^ゞ

立花B塾

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。