立花B塾レベル1・第2講で、毎日ブログを更新する習慣化について学びました

立花B塾の正式名称は、立花Be・ブログ・ブランディング塾。

毎回、Being(在り方)とブログとブランディングの三本立てで学ぶ。

第2講は、習慣化について。

習慣化のコツは、目標をばかばかしいほど簡単なことに設定し、それを毎日続けること。

ハードルは低ければ低いほど、続けやすい。

簡単にちゃっちゃとやれてしまうことであれば、疲れていても、眠くても、これだけはやっておこうか…と思える。

無理をして高い目標を設定すると、よほど意志の強い人でない限り、挫折してしまう。

立花B塾

課題図書だったスティーブン・ガイズの「小さな習慣」を読んでから、私が取り組んだ習慣化はみっつ。

どれもばかばかしいほど、簡単なこと。

こんなことをわざわざ目標に掲げるほうが、ばかばかしいんじゃないの?…と思えるようなことだ。

① 毎日ブログ画面にログインして、100文字打ち込む。

② 夜10時までにメイクを落とす。

③ スクワット・マジックを30秒やる。

このチャレンジを始めてから、かれこれ10日になるが、今の所、①と③は実行できている。

一度、布団に入ってから、スクワットマジックをしていないことに気づき、ヤレヤレと思いながらも、また起きて、ポンポンと30秒スクワットをした日もあった。

その後、目が冴えちゃって、眠れなくなったけど…(^^ゞ。

でも、たった30秒というのが、ハードルを下げているのは確かだ。

②に関しては、12時までには落としているが、10時というのが、なかなか守れない。

これでもハードルが高すぎるのだろうか。

しばらく11時にして、再チャレンジしてみよう。

小さな習慣

ブログに関しては、なによりもまず「好きなことを書く」!

そうね~~、好きなことを書く時は、すらすら書けるから、簡単度がアップする。

最近でいえば、オクボクの記事は15分くらいで書いたと思う。

写真を選んで、リンクを貼るのに、さらに15分。

好きなことだし、嬉しかったことでもあるし、書きたい気持ちに後押しされて、めちゃくちゃハードルは低かった。

こういう風に、勢いに乗ってかける記事が、増えればいいのか…。

でもあれほど嬉しいことは、そう毎日はないしなぁ…(^^ゞ。

 

ブランディングの項目では、要するに、嘘はつかないということ。

必要以上に自分を大きく見せたり、たいてし詳しくないことを知ったかぶりはしない…。

それは当然のことでしょう。

ネットの世界では、いくらでも自分を盛れるけれど、そんなことをしたって、いつかはボロがでるし、最初の嘘を守るために、さらに嘘を重ねることになり、自分が苦しくなる。

立花B塾

私は第1講をお休みしているので、この日初めて、クラスのみなさまにお会いできた。

職業も年齢もみんな違う。

だけどブログを書けるようになりたい…という同じ目標を共有している。

本来ならば接点のない人たちと、仲間になれるって、…いいな。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。