第一志望が叶わなかった君へ

金沢市の公立高校の合格発表があった。

都市部とは違い、金沢市では昔から、公立高校を第一志望にする子が多い。

私立先願の子もいるが、滑り止めの意味もあって、公立受験の前にほぼ全員が私立を受ける。

私立側も心得たもので、公立合格組が入学辞退することを見越して、定員の数倍の合格を出す。

だから公立受験の頃には、ほぼ全員が私立への切符を手にしている状態だ。

そして3月上旬公立受験に臨み、卒業式を経て、合格発表がある。

昨日はSNS上に、サクラサクの報告が相次いだ。

おめでとう!

桜

だが、残念ながら、不本意な結果に終わった子もいる。

友達が躍り上がって喜んでいる横で、唇をぎゅっと噛みしめて、泣くのをこらえた君。

今日は君のために、ブログを書くよ。

 

昨日の今日だから、君はまだ混乱しているかもしれない。

悔しさと悲しさと後悔が入り混じった、やるせない気持ちを持て余しているだろうか。

お母さんに「ごめん」と謝った子もいたと聞く。

謝る必要なんかない。

君はよく頑張った。

辛い結果ではあるけれど、恥じることは1ミリもない。

君はいらない…と志望校から言われたように感じて、自分はダメな人間だと、もしかしたら今、思っているかもしれない。

全然ダメな人間じゃないよ。

君の存在価値や人としての尊さは、受験前となにひとつ変わっていない。

君は生まれた時からずっと、かけがえのない大切な存在で、愛されている。

君の人生は、なにも損なわれていない。

桜

でも今、君は傷ついているよね。

そのことを受け止めてほしい。

自分は悲しんでいる、傷ついている、悔しがっている…、その感情に蓋をしないでほしい。

忌々しいかもしれないが、その想いを認めてほしい。

平気な顔をして、無理に明るく振る舞う必要はないから。

 

立ち上がるのは、その後でいい。

今の気持ちを、ちゃんと味わい尽くしてからでいい。

時間がかかってもいい。

そのために入学式まで、3週間近くあるのだから。

 

どの学校に行くかは、ご縁のものだと私は思う。

第一志望ではなかったけれど、君は私立高校とご縁があった。

だから堂々と胸を張って、入学してほしい。

その学校でどんな3年間を過ごすのかが、大事なのだ。

どんな先生や友達と出会い、どんなことを学び、どんな部活に情熱を注ぎ、どんな体験を積み重ねるか…。

君の3年間は、希望と可能性に満ちている。

桜

そしてちょっと振り向いてみて。

君のお父さんとお母さんは、君を励まそうとして、「長い人生から見れば、たいしたことじゃないよ」と笑顔で君に接しているかもしれない。

でもその笑顔の下に、大きな哀しみを抱えている。

それは君が合格できなかったことを、悔しがっているのではない。

君が傷ついている姿に、自身も傷ついているのだ。

誰よりも君の希望が叶うことを願っていた人たちだから、君の悲しさや苦しさが我がこと以上に、胸をしめつける。

どうしてあげることもできない自分の無力さに、歯噛みしている。

君の苦しさを、肩代わりしてあげられないジレンマに、さいなまれている。

 

お父さんとお母さんの哀しみ。

…それは、君が愛されている証だ。

桜

重ねて言うが、君の存在価値は露ほども脅かされていない。

お父さんとお母さんの愛情も、全く変わっていない。

君の人生は、これからも光の道だ。

 

だから今、全てを失ったように感じていても、大丈夫なんだよ。

まずは思いっきり泣いて、悔しい感情を吐きつくす。

それから、ゆっくり顔を上げて、前を向こう。

頑張った自分に誇りを持って、入学式に臨んでほしい。

卒業おめでとう。

入学おめでとう。

君の経験は、決して無駄にはならない。

桜

そして、お父さんとお母さんにも一言。

傷つく子どもの手前、親は落ち込んだ素振りを見せてはいけないと、今、頑張っているかもしれない。

でも親だって傷つく。

大切な我が子の悲しむ姿を見たら、誰だって深く傷つく。

その想いを無視しないでほしい。

今、私はとても悲しい、やるせない、傷ついている…と、感情をそのまま認めてほしい。

負の感情は、認められてはじめて昇華する。

いったんしっかり味わってからでないと、感情は手放せない。

だから今の気持ちを見つめることは、とても大切なことだ。

 

そうやって気持ちがリセットできたなら、今度は我が子の入学を、盛大にお祝いしてあげてほしい。

15年間、一生懸命育てた子どもが、晴れて高校生になる…。

その門出を、嬉しい気持ち満開で、みんなでお祝いしてほしいと思う。

桜

もう春がすぐそこまで来ている。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。