パラダイムシフトが起こる時

パラダイムシフト(英: paradigm shift)とは、その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが、革命的にもしくは劇的に変化することをいう。パラダイムチェンジともいう。

Wikipedia

最初は科学史で使われていた言葉らしいが、現代ではそれが拡大解釈され、一般化している。

もっと分かりやすく言えば、パラダイムシフトは価値観や考え方の大転換のことだ。

今まで【A】と固く信じていたことが、なにかのきっかけで、これまでの認識を改め、【B】と考えるようになる。

たとえば・・・。

スティーブン・コヴィーの『7つの習慣』で紹介された事例。

地下鉄の車内に、父親と子ども二人がいる。

父親は心ここにあらずの放心状態で、子どもたちは、公共の場でもあるに関わらず、騒いでいる。

うるさいなぁ・・・。乗客は眉をひそめる。

やがて乗客の1人が、意を決して注意をする。

「電車の中では静かにするように、お子さんたちに言ってください。」

よくぞ言ってくれました!我が意を得たりの乗客たち。

はっとして顔を上げる父親。

涙をこらえるような声で詫びる。

「すみません。つい1時間ほど前、妻が亡くなりました。

葬儀の準備のため、病院から家に帰る所ですが、私はもうどうしていいか分からなくて・・・。

これから1人で、どうやって子どもたちを育てていけばいいのか。

そんなことで頭がいっぱいで、子どもがご迷惑をかけていることにも気づきませんでした。

子どもたちはまだ幼くて、死というものを理解していません。

うるさくして、すみませんでした。」

父親の言葉を聞いた途端、車内の空気が変わる。

今まで、父親に向けられていた非難の眼差しが、一瞬にして、同情と理解の眼差しになったのだ。

そんな事情があったのか・・・。

子どもたちが騒いでいることに変わりはないが、周囲の受け止め方は、180度変わった。

この変化がパラダイムシフトだ。

状況は同じであっても、受け止め方や感じ方が変わること。

そしてそれは一瞬にして起こる。

 

パラダイムシフトは、誰にでも起こりうる。

見方が180度変わってしまった経験、貴方にはない?

 

私たちは、みな、自分のフィルターを通して物事を見る。

それぞれのフィルターには、違う色がついている。

それはちょうどサングラスをかけているようなもので、茶系のサングラスをかけていれば、茶色のフィルターがかかり、紫系であれば、紫色のフィルターがかかる。

だから同じ物事を見ていても、同じには見えていないのだ。

フィルター

だから覚えておこう。

相手は必ずしも、自分と同じようには感じていないということを。

だから覚えておこう。

自分の捉え方が、必ずしも100%の正義ではないことを。

だから覚えておこう。

フィルター(考え方や感じ方)の違いは、ただの違いであって、敵対するには値しないことを。

 

人生には時に、絶対にありえないと思うようなことも起こる。

それは思いもよらないタイミングだったり、想定外の展開だったりする。

でもきっと全ては、必然。起こるべくして起こる変化なのだと思う。

パラダイムシフトとは、つまりはサングラスを掛け替えること。

これまでよりも、より透明度が高くて、クリアなサングラスに。

もっとよく見えるようになるよ。

もっと理解できるようになるよ。

もっと優しさと愛が生まれるよ。

パラダイムシフトの向こうには、相互理解が待っていると私は信じている。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。