STAY HOMEは家を片づける絶好のチャンスかもね・お片づけTips

STAY HOMEの影響で、お家を片づけている人が続出しているそうです。

これまでは外での活動に忙しく、なかなか家の中に目を向ける時間がありませんでした。

でも仕事に遊びに精力的に飛び回っていても、いつもどこかで気になっていました、部屋が散らかっていることが。

ファッションもメイクもばっちり決めて、流行のカフェでお洒落なランチを、素敵な仲間とたしなんでいる時も、それをSNSにアップして悦に入っている時も、どこか後ろ暗い気持ちがあった人、いませんか?

だって、私には人に見せられない所がある…。

こんなにイケてる私が、こんなに散らかった部屋に住んでいるなんて、誰にも知られたくない。

そんな気持ち。

…分かっている、よく分かっているんだけど、日々の忙しさにかまけて、片づけは後回しにしてきました。

 

ところが千載一遇のチャンス。

日々の生活がスローダウンした今、やっと住まいに向き合うことができます。

テレワークのビデオ会議の時、部屋のごちゃごちゃが映りこまないよう気を遣うのは、疲れませんか?

いつもは留守の家族が全員揃った家に、1日こもっていると、息苦しくないですか?

なんだか訳のわからない圧迫感に、ストレスを感じませんか?

本当は溜まりに溜まった疲れを癒し、思いっきりリラックスしたいのに。

普段はなかなか揃わない家族と、この機会にさらに絆を深めたいのに。

ちょっと凝った料理を作ってみたり、新しい分野の学びを始めてみたり、今までできなかったことにチャレンジしてみたいのに。

…私たちのやる気をもれなく奪う原因の一端は、その散らかった部屋にあるかもしれません。

じゃあ、せっかく時間ができたことだし、片づけてみましょうか。

部屋を片づけて整えることで、一体何が変わるのか、実験してみるつもりで。

心地よい自分の居場所、手に入れてみませんか?

 

『片づける』と一言で言っても、いろいろな側面があります。

なんのために、誰が、何を、どこから、どうやって…?

頭を使います。体も使います。時間も使います。

でもモノと向き合うことは、自分を知ることに繋がります。

決して無駄な行為ではありません。

スミレ

私は以前、片づけ関係の仕事をしていました。

仕事を辞めて2年間は、片づけ関係のことはできない契約だったので、ブログにもお片づけのノウハウは書きませんでした。その期間もついに終了。

 

片づけること、自分が暮らす空間を居心地よく整えることは、エンドレスで一生続きます。

家にいる時間が長くなり、改めて住まいに向き合いたい…という想いがムクムク湧き上がってきました。

封印を解き、以前、身につけたノウハウを思い出しながら、お片づけのあれこれを、また書いてみようと思います。

なによりも自分のために、思いつくまま、ゆるゆると…。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。