アドベントカレンダー12月16日 【ピカピカのシンク】

アドベントカレンダーとは、クリスマスまで1日ひとつずつ、小さなおもちゃやお菓子が出てくるカレンダー。

私も1日ひとつずつ、幸せの種を数えています。

ふっと気がついたら、もう16日。あと10日しかないんですね。

December 16

家を磨くことは、自分を磨くこと。

ええ、ええ、十分すぎるくらい分かっておりますとも。

でも見ないようにしていた、シンクの汚れ・・・。

先日、スプレー式の日焼け止めを処分するため、缶に穴を空けた。

外は寒いので、台所のシンクでやったんだけど、内容物が、シューーーーッと勢いよく噴き出した。

もう使わないから捨てたいんだけど、使わないから中身が半分くらい残っていた。

なんで使わないかというと、色がついた日焼け止めだったから。

つまりスプレー式のファンデーションみたいな商品で、吹きかけると髪や服にも色がつく。

もちろん自分で購入したものではない。(^^ゞ

・・・で、最後のあがきとばかり、私のシンクを肌色に染めてくれた。

しかも水溶性ではないのか、こびりつく。

ざっと掃除はしたけれど、そこここに名残が・・・。

その状態を1週間も放置していた私は、なんなんだ。

きれいを推奨するお仕事をしていた人とは思えない!

シンクを使う度に、目に入る汚れ。

ああ、やらなきゃ、やらなきゃ・・・と何度も思う。

そして先延ばしした罪悪感から、ついまた目をそらす・・・の繰り返し。

でもなんの得にもならないよね。

身体は命の器、家はその身体の器。

家をないがしろにすることは、命をないがしろにすること。

よし、やろう!

磨いた。

油脂はお湯と洗剤で。くすみはメラミンスポンジで。

メラミンスポンジが2個、すり減って消滅し、シンクの中はおろか、排水口の中までピカピカになった。

所要時間5分。

なんで?なんでこの5分がこんなにハードル高いかな・・・。

やってしまえば、こんなに簡単で、こんなに気持ちがよいのに。

シンク

ピカピカのシンクに誘われるように、10年ぶりくらいにリンゴをウサちゃんにむいた。

そうしたらいい年をした息子が、まんざらでもない顔で、シャリシャリと食べていた。

人生に必要なのは、こういう無駄なんだなぁ・・・。

無駄をありがたがれるのは、心にゆとりがある時だけ。

・・・というわけで、おそらくこの勢いのまま、あちこち磨きまくることになるだろう。

外は雪だし、ちょうどいい。

12月16日の幸せの種は、ピカピカのシンクと初心。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。