アドベントカレンダー12月17日 【味を守り続けて36年・とんかつ蔵】

12月25日のクリスマス当日まで、しあわせの種をひとつずつ、数えています。

December 17

金沢市伏見新町にあるとんかつ蔵。

調べてみたら、オープンは1984年、36年前だ。

実は独身時代に、何回か行ったことがあるが、あれはオープン数年後のことだったのか。

結婚して、転勤であちこち動き、10年くらいして、また金沢に戻ってきた。

その時、とんかつ蔵が健在であることを知り、子どもたちが小学校高学年になった頃、再訪した。

新しく追加されたメニューもあったが、独身の頃と変わらぬものもあり、とても懐かしかった。

それから、トンカツが食べたくなると、足が向くお店、それがとんかつ蔵だ。

当時の大将の顔、申し訳ないけれど、よく覚えていない。(トンカツに夢中だったのだろう)

今は、いい親父さんになって、元気にトンカツを揚げている。

とんかつ蔵の基本情報

住所: 金沢市伏見新町277-2

電話: 076-244-4511

営業時間 : 昼11:30~14:00(L.O.13:30) 夜17:00~21:00(L.O.20:30)

定休日 : 月曜日と木曜日(祝日の場合は営業)

席数: カウンター9席 掘りごたつ席3卓

駐車場: お店の前に3台

お店は大通りには面していない。

茶色い縦看板が目印。

とんかつ蔵の看板メニュー

看板メニューは、もちろんトンカツ。

ブランド豚数種類を扱っている。

とんかつ蔵

でっかいロースかつの上に、どーーーーんと大根おろしが乗った磯エ門は、息子の大好物。

夫はたいてい庄屋さんを頼む。

とんかつ蔵

オーソドックスなヒレカツだが、シンプルなものにこそ、真価が表れる。

私の定番は、香の助。

ニンジンの千切りとシソが、薄いロースで包んである。

最近、ガッツリ肉・・・が重くなってきたので、嬉しいメニュー。

とんかつ蔵

他にお刺身や焼き魚などの単品もある。

カウンターの大皿に盛られた料理は、お袋の味っぽいラインナップ。(作っているのはオジサンだけど・・・)

とんかつ蔵

サトイモ煮。ほっこり炊けたサトイモに、ちょっと甘めの味付け。

とんかつ蔵

正式名称は忘れたが、ナスの味噌煮。

夏限定らしい。

味が濃いので、若い人向け。血圧高めの人は、やめておこう。

私たちは車なので頼んだことはないが、お酒や焼酎にもこだわっているらしい。

とんかつ蔵

どの定食を食べても、お腹いっぱいになるし、美味しいので心も満たされる。

「今日も美味しかった~~」と伝えると、はにかむ大将の笑顔が可愛いので、ぜひお試しあれ。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。