片づけと掃除は似て非なるもの・お片づけTips

今日は天気もいい。

時間もある。

窓を開け放って、空気を入れ替え、部屋を片づけて、すっきりさせよう!

…そう思い立ち、やおら掃除機を持ち出してくる人、意外と多いかも。

だって部屋をきれいにすると言ったら、まず掃除機でしょ?

残念!順番が違います。

掃除機からスタートすると、無駄に労力を費やすばかりで、部屋はきれいになりません。

片づけと掃除を分けて考えよう

片づけと掃除は、言葉は違えど同じこと…というのは、私たちの大きな勘違いです。

部屋を整えるというゴールは同じでも、片づけと掃除を混同すると、頑張っても頑張っても、労多くしてなんとやら…。

まず両者の違いと順番を知りましょう。

片づけと掃除の違い

片づけとは、物を整理することです。

具体的には、要るか要らないかを見極めて、要らないと判断した物を処分すること。

一方掃除とは、いわゆる拭いたり、掃いたり、はたいたり、磨いたり、掃除機をかけたり、ルンバのスイッチを入れたりすることです。

お気づきのように、片づけは散らかりに、掃除は汚れに対応します。

つまりターゲットが違うのです。

今、自分が何に対処しようとしているかを、正しく認識すれば、自ずと作業も変わります。

片づけようとして雑巾を握る…なんてこともなくなりますね。

片づけと掃除の順番

これはもうなんと言っても、片づけが先です。

物が散乱した部屋で掃除機をかけようとすると、物をどかしながらの作業となり、スムーズに進みません。

足で物を蹴散らしながら掃除機をかけるのと、片づけを先に済ませ、何もない床面に掃除機をかける、どちらが楽でストレスが少ないか、明らかですね。

お片づけTips

片づけ→掃除

最初に部屋を片づけます。

要らない物は、どれだけ保管しておいても、要らない物です。

どうせ捨てるなら、先送りしないで、今、捨てませんか?

おそらく手放して3日経ったら、そんなモノがあったことすら忘れてしまうでしょう。

要らないモノとはそういうモノです。

あとには大事なモノだけが残ります。

残った大事なモノたちを、所定の場所に戻しましょう。

そしてお掃除!

存分に心ゆくまで、拭いて、掃いて、磨いてください。

「さあ、片づけよう!」、「さあ、掃除しよう」と、言葉から意識を変えていくのもいいですね。

お片づけTips

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。