何を基準に捨てるのか・お片づけTips

私たちの家が片づかない最大の原因は、モノが多すぎることでした。

部屋が片づかない最大の原因

多すぎるのなら、どうすればいいか?

答えはシンプル。減らせばいいのです。

何を減らすか?…そう、捨てるためには、基準が必要ですね。

捨てる基準① 時間軸は今

今、それを使いますか?

私たちが生きているのは、今という時です。

従って、目を向けるのは今。

過去でも未来でもなく、今です。

過去に便利だった、未来に使うかも…ではなくて、今に焦点を当てます。

いつか使うかも・・・の”いつか”って、いつですか?

そのあやふやな”いつか”は、きっと来ません。

いつか、いつかと思い続けて、はや○○年・・・なんてことにならないようにね。

時間

捨てる基準② 重要軸は自分

誰が使うのか?私でしょ!

真ん中に据えるのは自分。

私がそれを使うのか?

自分の人生の主人公たる自分が、それを使いたいと思っているのか?

家族が、友人が、知人が、社会が、被災地の人が・・・ではありませんよ。

誰かにもらったから、もったいないから、そこにあるから…という漠然とした理由の裏に、どんな心理が隠れているのか考えてみたことはありますか。

私は使うかな?…という視点でモノを見る時、新たな発見がいっぱいあると思います。

捨てる基準③ ”使えるか” ではなく ”使うか”

『使えるか・使えないか』で考えると、家にあるほとんどのモノは使えます。

使えるモノを捨てるなんて・・・、心がシクシク痛みますね。

それはどうしてかというと、私たちはそう教育されているからです。

モノは大切に使いましょう。

壊れても、破れても、不要になっても、安易に捨ててはいけません。

この教えは、モノのない時代には、有効に機能しました。

戦前・戦後、なにもかもが足りない中で、日本人は限られた資源を最大限に使い回しました。

何度も繕い、何度も修理し、何度も切り貼りして・・・。

しかし、時代は変わりました。

たくさんのモノに囲まれて、使い切れないモノを所有して、限られた住空間をモノで溢れさせて、私たちは今、モノがありすぎることで、苦労しています。

使えるモノを捨ててはいけないというのは、70年前の価値観です。

今の時代に即していません。

モノあまり時代の捨てる基準は、”使うか・使わないか”です。

使えるけれど、使わないモノは、手元に置いておいても何の役にも立ちません。

新しい基準で考える

捨てる行為に、罪悪感は付きものです。

ですが、心が痛いからといって、全てのモノを留めておけば、住まいはモノに乗っ取られてしまいます。

取り入れすぎてしまったことを反省し、使い切れなかったモノに「ごめんね」と謝りつつ、モノに明け渡してしまった自分の空間を、今度こそ取り戻しましょう。

捨てる基準は「今、私が、使うか・使わないか」です。

お片づけTips

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。