開かずのカーテンの向こうに…海が見えた

開かずの間ってのがあるけれど、我が家には開かずのカーテンがありました。

それは主寝室のカーテン。

寝室は2階の西向きの部屋。

同型の窓が三つ並んでいて、窓の下ぴったりにベッドが置いてあります。

これが一番広く部屋を使える配置なので、この家に引っ越してきて24年、ベッドの位置を変えたことはありません。

ですがこの配置だと、ヘッドボードが邪魔で、カーテンが開けにくいのです。

使いにくいと使わなくなる、開けにくいと開けなくなるのが、人間の常。

いつしか寝室のカーテンは窓1個分しか開けなくなりました。

どうせ夜しか使わない部屋。暗くなれば、またカーテンを閉めるわけだし…。

カーテンを全開にしなくたって、端っこをちょこっと開ければ、明かりは入るし、それでいいか…。

最近、某所で断捨離マラソンをやっていて、枕元のお題の回に、ベッド2台とナイトテーブル1台を残して、すべて撤去しました。

そうしたら掃除をしたい気持ちが、ムクムクとわき上がってきたのです。

そう、片づけが終われば、掃除が待っています。

寝室は我が家で唯一、カーペット敷きの床。

色もベージュなので、埃が溜まっていても目立ちません。(目も悪いし…)

しかもベッドという大物家具があるため、掃除は億劫な場所。

ところがモノが最小限になったことで、普段はどこか遠くに旅に出ているモチベーションが戻ってきました。

重いベッドを移動させながら、ルンバを3回走らせました。

その都度、ルンバのお腹が満杯になります。

どんだけ~~~!…と思わずIKKOさんになってしまうほど。(^^ゞ

IKKOさん

ルンバが床を駆け回っている間、私は窓枠や電気の傘やクローゼットの扉を拭き上げて、ガンガン掃除をしました。

そうすると明らかに、氣が変わったことが分かります。

なんというか、肌で感じるのです。

清々しさが増す中で、ふと私に降りてきたインスピレーション。

ベッドの配置、これでいいの?

そこで物は試しと、ベッドを180度逆向きにして、窓から離しました。

これで3つの窓のカーテンが、開けやすくなります。

寝室

そ・れ・ど・こ・ろ・か!

遠くに薄っらとですが、海が見えたんです!

寝室

もしかしてこの寝室は、我が家で一番眺めがいい部屋なのでは?

でも24年の長きにわたり、そのことに気づきもしませんでした。

今は朝からカーテンと窓を全開にして、たっぷりの陽光と風を入れています。

日中、用もないのに行ってみたりする部屋になりました。

なぜって、…気持ちがいいから。

 

私は晩年は海のそばで暮らしたいと、ずっと思っていました。

でも、今すでに、海が見える家に住んでいます。

…ずっと知らなかっただけで、願いは半分叶っていたのかも。(すぐビーチに行ける距離がいい)

幸せの青い鳥は遠い外国ではなく、足下にいたっていうアレですね。

…でもハワイはまた行くぞ。(^^ゞ

マウカメドウズ

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。