落日/湊かなえ著・真実を知ることは、救いにつながる

衝撃のデビュー作「告白」以来、読み応えのある小説を次々世に送り出す湊かなえ。

新作が出る度に、ドキドキしながらページをめくる。

こんな物語を紡ぎ出せるなんて、いったい彼女の頭の中は、どんな構造になっているのだろう。

伏線に次ぐ伏線。

取るに足らない小さな点が、物語が進むにつれ、大きな意味を持っていたり、ほかの点と繋がっていたり。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の面白さは、序盤の伏線を次々回収していくところにある…と誰かが言ったが、湊かなえの小説にも通ずるところがある。

落日のあらすじ

物語は新進気鋭の映画監督・長谷部香と、売れない脚本家・甲斐千尋(本名・真尋)の出会いから始まる。

監督は、千尋の郷里で起こった殺人事件を題材に、次の映画を撮りたいという。

笹塚町一家殺害事件。

15年前、引きこもりの男性が、高校生の妹を自宅で刺殺し、家に放火。就寝中の両親も焼死したという痛ましい事件だ。

犯人の男性は、罪状を争うことなく、死刑判決を受け入れた。

確かに衝撃的な事件ではあるが、海外の賞も取った監督が、題材に選ぶような事件だろうか…と、千尋は不思議に思う。

だが監督には、被害者の女性とおぼしき人物と、わずかな、だが忘れ得ぬ繋がりがあった。

幼い頃に、防火扉の下からのぞく小さな手に触れた。

事情があって声を出せず、指で絵を描いたり、トントンと合図を送ったりして、コミュニケーションをはかった。

相手の顔を見たことはない。知っているのは、その指先のぬくもり。

そしてそのわずかなぬくもりが、心の支えだった。

だから、監督はただただ知りたいのだ。

その指の主が、被害者の女性だったのか…と。

一方、千尋にも秘密があった。

大好きな姉・千穂は、ピアニストを目指していた。

たくさんのコンクールで賞を取り、将来はフランスに留学するはずだった千穂。

千尋は、その日にあったことを、千穂にメールで報告するのが日課になっていた。

だがそのメールは、千穂に届いていない。

落日

いくつもの点が繋がって…

監督と千尋の生い立ちが、平行して語られる。

実は二人とも笹塚町出身。

監督は子どもの頃に笹塚町を離れ、千尋は高校卒業まで町で育つ。

二人の接点はそれだけ。

千尋は事件のことは、ああ、そんなことがあったな…程度にしか知らなかった。

師匠の大畑凛子と、この映画の脚本を競うことになり、改めて事件について調べ始める。

そして明らかになる真実。

笹塚町一家殺害事件は、千尋にも接点があるどころか…。

事件を通して見る自分の過去

もっと堂々としていればいいのに、監督は口癖のように「ごめんなさい」と謝る。

千尋はすぐ苛立つ性格で、監督に対してもつい尖った口調でつっかかる。

なかなか分かり合えない二人が、真実を探る旅に出る。

犯人の男性は、本当に血も涙もない残酷無比な人間なのか。

殺害の動機は、本当はどこにあるのか。

裁判は、本当に真実をあぶり出したのか。

表に見えていることではなく、「本当」のところはどうだったのか…と、追求していく二人。

監督にとって、知ることは救いなのだった。

では千尋にとっては?

今まで師匠の下で、ぼんやりと修行をしてきた。

たいした野心もなく、採用されたのは、何年も前に書いた、2時間ドラマ1本だけ。

貴女の書く登場人物はいつも同じ…と指摘されるが、自分の枠から脱却できない。

今度こそ彼女は、自分の中から湧き出る物語を書くことができるのだろうか。

落日

知ることは救い

真実を知ることが、救いになる。

笹塚町事件の真相だけでなく、父親の死因や同級生の遺書の改ざん、姉の恋や事故の原因など、いろいろな真実がひとつひとつ明らかになる。

そうして、真実を知った人たちは、心の重荷を下ろしたり、安堵の涙を流したり、決着をつけたりする。

長い間、次の一歩を踏み出せなかったが、知ることでまた歩き出す勇気を得るのだ。

何度も出てくる、海に落ちる夕陽のシーン。

笹塚町の鉄塔から見る夕陽が、それぞれの心に連れてくるのは、どんな想いなのだろうか。

湊かなえは語る。

「大切な人を亡くしたとして、真実を知ることが怖くても、例えば、亡くなる前のエピソードとか、自殺ではなかったかもしれないと分かるだけで救いになる。

死者が生き返るわけではなくても、生きている人の生き方が変わる。

日が沈むからこそ、また昇る。

そういう解決方法を提示したかったし、タイトルに込めました」

(日経エンタテインメントのインタビュー)

マウナケアの夕陽

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。