金沢の老舗洋食屋・ニュー狸の味は3代続く

知る人ぞ知る、洋食屋ニュー狸。

金沢で美味しい洋食屋さんと問われれば、必ずその名が挙がる老舗だ。

洋食屋ニュー狸の基本情報

住所: 金沢市小立野3-27-12

電話: 076-262-6658

営業時間: 11:00~15:00  17:00~22:00(L.O.21:30)

定休日: 毎週火曜日と第三月曜日

駐車場: 有り

カード: 可

洋食屋ニュー狸はオープンキッチン

洋食屋ニュー狸に個室はないが、テーブル席とカウンター席がある。

家族で行く時は、テーブル席が落ち着くが、一人または二人の時は、カウンターが断然、楽しいと思う。

ずらりと並んだフライパンで、複数の料理が同時進行で作られる様は、魔法のようで、見ていて飽きない。

家族経営の店で、これまでは大シェフと息子さんで切り盛りしていたが、最近、大阪で修行を終えたお孫さんが加わった。

3代のシェフが立ち働くキッチン。

なんとも微笑ましく、羨ましい光景だ。

大女将に「よかったね~~」と声をかけると、孫の姿に目を細めながら、「そろそろ私は引退せんなん」なんて言う。

いやいや、ずっといて下さい~~。

洋食屋ニュー狸

Chikakoのお勧めはヤキメシ

黒いヤキメシとして知られる。

焦げ茶色のシンプルなヤキメシ。

…これが、やみつきになる。

豊富なメニューを前にして、毎回、毎回、どうしてヤキメシばかり選んでしまうのか…。

年に10回、行くか行かないかだが、もう長く通っているので、私が「いつもの!」と言えば、ヤキメシが出てくるようになった。

(行きつけの店で、いつもの!…とオーダーするのは、憧れだよね(^^ゞ)

何を使って味付けをしているのか、私には分からないが、小さく刻んだ脂身と紅ショウガが食欲をそそりまくる。

普段の私のご飯の3倍くらいの量なのに、いつもペロリと完食だ。

だまされたと思って、一度食べてみて!

洋食屋ニュー狸

お値段800円。

ハヤシライス

だがこの日、私は「いつもの!」とは言わなかった。

なんだかとてつもなくハヤシライスの気分だったのだ。

はい、お待ち!

洋食屋ニュー狸

クタクタに煮込んだハヤシライスではない。

注文を受けてから、その場で作る。

…なのにタマネギも牛肉も、すごく柔らかい。

なんだかすごく懐かしい味。

トッピングされた卵の半熟具合が絶妙で、白味までトロンと溶けて、ご飯と混ざる。

お値段850円。

和牛ヒレカツ定食

夫が頼んだのは、和牛ヒレカツ定食。

ステーキに使うような牛肉を、惜しげもなくカツにする。

いい肉なので、レアでどうですか?…と聞かれるも、あまり赤いのは苦手なので、ミディアム・レアでお願いした。

はい、お待ち!

洋食屋ニュー狸

トンカツじゃないよ、ビーフカツだよ。

外はサクサク、中はジューシー。

肉の旨味がぎゅっと閉じ込められていた。

これにサラダとご飯と味噌汁と香の物がついて、2600円。

豊富なメニュー

ご飯物以外に、スパゲッティやハンバーグや牡蠣フライや若鶏の唐揚げやステーキやポークチャップやサーモンステーキやタンシチューなど、洋食メニューの王道は、ほぼ揃っている。

おまかせ2品のたぬき定食も人気。

午後8時半まで、3人前以上で出前も頼めるらしい。

6時~7時半くらいまでは、たいてい混み合っているけれど、待つ価値は十分にあるよ!

洋食屋ニュー狸

移転前の洋食屋ニュー狸

私が中学生くらいの頃、洋食屋ニュー狸は金沢大学病院の正門から、歩いて2分くらいの場所にあった。

1度だけ、母に連れて行ってもらった記憶がある。

当時は外食自体が特別なことだったけれど、なにしろ40年近く前のこと、何を食べたのかは覚えていない。

おそらく若かりし大シェフが腕を振るっていたのだろう。

あの頃から、息子、そして孫へと、味を伝え続けてきたんだなぁ…。

料理人の心意気を感じる。

だけど大シェフも私も、年を取ったね。(^^ゞ

これからも美味しいヤキメシ、作ってください!

洋食屋ニュー狸

 

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。