おもかげ・浅田次郎著 それもまた愛の形

タイツの断捨離をしていた時、次の冬もまた必ず履くから保管しておこうとして、ふと思った、次の冬が必ず来るって本当かなと・・・。

人は明日は来るものだと信じている。

突然の不幸を見聞きしても、自分には起こらない・・・とどこかで信じている。

いや、信じたいだけかな・・・。

浅田次郎氏の『おもかげ』は、まさにそんな人の物語。

来るはずだった明日は、来ないかもしれない。

『おもかげ』のストーリー

竹脇正一、65歳。

エリート会社員として勤めあげた会社を定年退職した。

送別会の帰り道、40年以上、通勤で乗り続けた地下鉄の車内で意識を失う。

大きな花束を抱えたまま。

運び込まれた病院で、意識を取り戻すが、それは文字通り意識だけの覚醒。

何本ものチューブに繋がれた竹脇の身体は、昏睡状態のまま。

目を開けることもできないが、意識は起きているので、周囲の会話は聞こえる。

積極的な治療はしない・・・、つまり医師や看護師は、もう希望はないと判断している。

俺はこのまま死ぬのかな。

竹脇を取り巻く人々、妻や娘夫婦や親友や幼なじみが、枕元で吐露する竹脇への想い。

自分の人生を振り返る竹脇の元に、一人の女性が現れる。

年齢ははっきりしないが、かなり年上のマダム。

会った覚えはないが、彼女は竹脇をよく知っているようだ。

「あなた、お腹空かない?」

マダムは竹脇を新宿に連れ出し、高層ビルのレストランでフレンチのディナーを食べる・・・?

実際に彼女が連れ出したのは竹脇の意識だけで、竹脇の身体はずっとベッドに横たわったままなのだ。

ホタテと舌平目とアイスクリーム。

自分の好みを調べたとしか思えないメニューをマダムが注文し、三日三晩眠ったままだった竹脇もディナーを堪能し、再び病院のベッドへ戻ってくる。

マダムは一体誰なのか?

死神・・・でもなさそうだし。

次の晩は、50代くらいの開放的な女性と海水浴を楽しむことになる。

焼けた砂に足の裏を焦がしたり、一本のラムネを分け合って飲んだり、夢にしてはやたらとリアルだ。

すごく親しげだが、やっぱり竹脇は彼女に覚えがない。

おもかげ

その次の晩は、ICUの隣のベッドで同じく昏睡状態のカッチャンが、散歩に誘ってくる。

二人で銭湯に行き、屋台のおでんをつつく。

そこで語られるカッチャンの過去とミネコへの淡い恋心。

その夜、カッチャンは旅立ってしまい、竹脇は地下鉄で(あの世へ)去っていく彼を見送る。

さらに次の晩は、30代くらいの女性と地下鉄に乗っている。

女性はミネコと名乗った。

・・・いったいこれは何なのか。

延々と続く不思議な人たちとの出逢い。

種明かしは最後の60ページに凝縮されている。

意味が分かった時、こんな愛もあるのか・・・と不思議な感覚に襲われる。

Chikakoの感想

竹脇はいわゆる捨て子で、親の顔を知らない。

戦後間もなくのことで、日本の福祉はまだ黎明期、施しや慈善の延長だった。

なにか施しを受ければ「ありがとう」。

竹脇にとっての「ありがとう」は、もはや義務だった。

それが不思議な人たちとの出逢いをとおして、心からの「ありがとう」にたどりつく。

愛の形は様々だ。

端から見たら、眉をひそめるようなことでも、愛から発した行動かもしれないのだ。

そんなことは当時者にしか分からない。

でも当事者がそれでいいのであれば、それでいいではないか。

その正しさも動機も、説明する必要などないのかもしれない。

 

ごく最近、私にとっても「ありがとう」の意味合いが変わった。

感謝は感謝なのだが、その発する場所が少し変わったというか。

その「ありがとう」は、誰かが私に向けてくれた優しさを、ちゃんと受け取って初めて言える「ありがとう」だった。

照れたり、疑ったりせずに、想いをきちんと受け止める。

そんな愛情に私は値しないと否定せず、何も足さず、何も引かず、そのまま丸ごともらう。

・・・私に欠けていたのは、そこかもしれない。

おもかげ

『おもかげ』は死線をさまよう人が主人公なのに、ある種、ファンタジーのようで、そこはかとない明るさが漂う。

後に残るのは、重苦しさや救いのなさではない。

誰もはっきりとは知らない、三途の川の周辺の物語。

ありそうで、なさそうで、やっぱりある?

私は浅田次郎氏が投げた想いを、ちゃんと受け止められたかな。

小説を読む愉しみってこういうことだよな~~と、改めて思わせてくれた素敵な本だった。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。