お片づけチャレンジ10日目・筆記用具

ゴールデンウィークが始まりました。

2020年は、かなり徹底した自粛ムードでしたが、今年は幾分ゆるんでいるような。

市内の観光スポットは賑わっているようです。

分かるよ・・・、もう疲れちゃったよね。

自粛してもしても、すぐリバウンドしてしまって、先が見えないものね。

この日まで頑張れば終息するという明確なゴールがないと、なかなか難しいのかなと思います。

そんな私たちのジレンマを知ってか知らずか、植物は元気です。

バラの葉

バラの葉っぱに雨のしずく。

瑞々しくて、生命のエネルギーに満ちています。

花

名も知らぬピンクのベル型。

丈の高い植物の中で、背伸びしてるかのよう。

スズラン

スズランも咲きました。

スズラン

実は・・・増えすぎて、こんなにもしゃもしゃ生えています。

欲しい方がいらしたら、株分けしますよ。

ブルーベリー

ブルーベリーも可愛い花をつけました。

 

さて、お片づけチャレンジ。

本日は10日目の筆記用具です。

まずテキストを読みます。

10日目・筆記用具

①使えない筆記用具 → ②使わない筆記用具 → ③使いたくない筆記用具。

この手順は、どんなアイテムでもほぼ同じです。

我が家の筆記用具(文房具)は、主に電話台の引き出しの中。

お片づけチャレンジ

長らく放置してあっただけに、いい乱れっぷりです。

お片づけチャレンジ

とりあえず、全部出してみます。

この全部出す方式は、押し入れやクローゼットなど、大きな場所にはお薦めできません。

作業の途中で疲れたり、他の用事ができたりして中断すると、始める前より部屋が荒れてしまい、それを見るだけで心が折れるからです。

でも小さな引き出しならOK。

実際、”全部出して見る”ことで、どれだけの物をがあるのかをしっかり把握できます。

ペンは全部、試し書きしてみました。

インクが出ないペンや、持ちにくいペンを抜き出します。

薬や金箔など、この引き出しに属さない物は、それぞれ所定の場所へ。

名刺も廃棄。

お片づけチャレンジ

これからも使う物だけに絞れたら、引き出しに戻します。

あるべき姿に戻りました。

生きている限り、物は入ってくるし、空間は乱れます。

こまめなチェックとメンテナンスは欠かせません。

なんと文房具の引き出しに・・・。

お片づけチャレンジ

古銭!寛永通宝?

なにこれ?どこから来たの?誰が持ち込んだの?

もし本物だとしたら、江戸時代の代物です。

使わないけれど・・・、廃棄もできないなぁ。

お片づけチャレンジ

判断が難しいのが、こういう類い。

何のカギなのか分かりませんが、家の中のなにかのカギであることは間違いないので、不要と言い切っていいものか・・・。

でもずっと使われておらず、そして困ってもいないので、この先も出番はないものと思われます。

では潔くLet it go~~~♪

本日のミッション、約15分でクリアです。

10日目・筆記用具

ひと休み

断捨離マラソンには、一定期間ごとに給水ポイントがありました。

60日間の長丁場なので、ちょっと立ち止まって、一息つきます。

10日間でできなかったアイテムや、もう少しやりたかった箇所に再チャレンジしてみるのもいいかも。

お片づけチャレンジは、明日から3日間お休みします。

ゴールデンウィーク明けは、夏物衣類からスタートです。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。