お片づけチャレンジ14日目・スマホのデータ

5月だというのに、いきなり30度越え!

しかも南のほうでは、すでに梅雨入りしたという…。

朝のお散歩、続いています。

20分程度のことですが、少しでも運動不足解消につながるといいな…。

朝散歩

シランが最盛期を迎えています。

朝散歩

一重のバラ。

ブンブン音がするので、よく見たら…。

朝散歩

おお、ミツバチが朝活中。

シベの中で転げまわって、体に花粉をつけていました。

蜜をもらう代わりに花粉を運ぶ、バラとミツバチはwin-winの関係です。

 

さて…、チャレンジ14日目はスマホのデータ。

14日目・スマホのデータ

データといってもいろいろありますが、私の場合、一番容量をくっているのは写真と動画です。

主な被写体は、風景と花と光とインコ、…時々人物やイベントやお料理。

きれいだな…と思ったらパチリ。

ブログで紹介しよう…と思ったらパチリ。

記録しとかなきゃ…と思ったらパチリ。

…で、画像総数を見たら、なんと10437枚!

え?まさかの10000越え?

手のひらサイズのスマホの中に、なんてたくさんのデータが保存できるのか、改めてびっくりしました。

…でも悠長にびっくりしている場合ではありません。

10000枚以上のデータ整理にかかる時間と労力…、考えただけでうんざりです。

でもこれをクリアしないと、いつまでも先に進めません。

大量のタスクを目の前にして立ちすくむ時、思い出してほしいことがあります。

それは私たちの脳内にある側坐核の働き。

どんなタスクも、最初の1枚、最初の1個、最初の1分が一番ハードルが高いのです。

その最初の一歩さえ踏み出せれば、作業興奮というものが起こり、あとは側坐核がよしなに計らってくれます。

知っていて絶対損はない【側坐核】のお話

私の写真が膨大なのは、やはりブログを書くことが一因でしょう。

そして最高の1枚を狙って、同じシーンを何枚も撮ることも。

たとえば、私は朝陽や夕陽など、光を撮るのが大好きなのですが、光は一瞬一瞬表情を変えます。

カメラの角度や構える高さのほんのちょっとの違いが、明暗を分けたり。

プロではないので、たいした知識や技術があるわけではありませんが、最近のスマホカメラの性能のよさに触発されて、自分でもよし!と思えるような写真が撮りたくなっちゃうのです。

その(自分の中で)最高の1枚のために、10枚くらいのNG写真が生まれます。

これをそのまま保存しておくからいけないのよねーーーーーー。

重々承知しております。(>_<)


(こんなシリーズ写真がいっぱいある💦)

 

では御託を並べていないで、手を動かしますか。

娘の卒業式の写真やハワイ旅行の写真など、ちょっと惜しいなと感じる画像は後回し。

見た瞬間に判断できる画像から、どんどん選んで削除します。

まずはピンポケ、重複写真、表情のまずいやつ。

なんでもかんでも取っておいても仕方がないので、すでにブログに書いた事柄の画像もまとめて削除。

…でもさすがは10000枚。削除しても削除しても無くなりません。(T_T)

一気にできるものでもないので、15分のタイマーをかけて、3セット。

計45分で、7828枚まで減りました。

う~~ん、45分かけて2600枚か。

単純計算であと2時間半くらい?

パッと捨てられるクズ写真が減っていくので、後になればなるほど、判断のハードルも上がるはず。

あと3~4時間はかかるかもしれないので、今日はここで終了とし、隙間時間を利用してチマチマ消していきます。

側坐核がすでにONになっているので、あまり時間を置かなければ、大丈夫でしょう。

14日目・スマホのデータ

15日目・キッチンの小物

次は、私の得意なキッチン関係です。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。