正しさに固執しても誰も幸せになれない

 

誰しも自分の正義を持っている。

そしてそれが一番正しいと思いたい。

おまけに、正しいのは自分だと周りにも認めてもらいたい。

 

【正しい】のなにが悪いのか?

【正しい】は【正しくない】より、優先されてしかるべきだろう。

うん、確かにそう。

【正しい】はなにも悪くない。

だけどひとつ落とし穴があるとしたら、貴方の【正しい】と隣の人の【正しい】は必ずしも同じではないこと。

ここでサングラスの法則を思い出してほしい。

人はみんな自分好みのサングラスをかけている。

サングラスとはつまりフィルター。

自分の思考の癖や捉え方の傾向性を指す。

サングラスをかけていると、どうなるか?

同じ景色を見ていても、ブルー系のサングラスをかけている人には、すべてが青みがかって見え、ブラウン系のサングラスの人には、セピア色に見える。

同じバニラアイスでも、ブルーのサングラスの人にとってはミントアイス、ブラウンの人にはモカアイスに見える。

見ている事象は同じだが、とらえ方が全然違うのだ。

だから貴方の【正しい】は、他の人には【正しい】と映らない。

逆もまた叱り。

そんな中で、どっちが正しいかを争ってみても不毛だし、おそらく両者が納得する結論は出ない。

 

貴方が正しいと思うことを、無理に捻じ曲げろと言っているわけではないよ。

自分が1ミリも間違っていないと確信しているとしても、もしかしたら相手には相手の言い分、相手には相手の理由、相手には相手の想いがある…と、チラッとでも考えてみる余裕はないかな?

 

論を尽くして相手の非を並べ立て、自分が正しいと世界に証明したとしよう。

そこで貴方は何を得るだろうか?

自分が正しかったと溜飲を下げることは、一時的なことだ。

そうやって相手をやっつけても、きっと貴方は幸せを感じられない。

幸せは勝負して勝ち取るものではないから。

正しさでねじ伏せた先に、待っているのはさらなる断絶だろう。

 

認めている。認められている。

私はこう考える、貴方はこう考える、そうなんだね、ちょっと違うね。

受け入れている。受け入れられている。

違うサングラスをかけた者同士が、少しでも相手を理解しようと歩み寄る。

愛している、愛されている。

考え方や感じ方が違っていても、その違いを乗り越えて、温かい気持ちを通わせる。

 

きれいごと?

でも私はそんな世界で生きていたい。

パラダイムシフトが起こる時(サングラスの法則)

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。