日暈の写真が北陸放送で紹介された!

8月23日の午前11時頃だったと思う。

ふと目を向けた窓外が、なんかいつもと違う色に感じた。

不思議に思って外に出て、空を見上げてみると・・・。

日暈

おお!日暈(ひがさ)が出ている。

日暈、別名ハロ現象は、大気中の氷の粒に光が屈折・反射したもの。

日暈が発生するのは、巻層雲という薄雲が太陽を覆った時。

巻層雲は低気圧や前線の接近とともに現れるので、日暈は天気がくずれる前触れになる。

しばらく眺めていたら、ちょうど円の中心を飛行機が通過した。

残されたのは白い飛行機雲。

日暈

日暈そのものは、時々見かけるけれど、飛行機雲が円を二分するのは、なかなか珍しいのでは?

 

「面白い写真が撮れたよ!」・・・と帰宅した夫に見せたら、「これ、どこかに投稿したら?」と言う。

え~~? iPhoneで撮った写真なのに?

写真の善し悪しじゃなくて、この飛行機雲のポジショニングに希少価値がある・・・と説得され、北陸放送に画像を送ってみた。

そうしたら、なんと、レオスタで紹介されちゃったのだ!

北陸放送

きゃ~~~、なんか嬉しい😄

北陸放送 日暈

 

実は先月初めにも、日暈の写真を撮った。

車のトランクを開けようとしたら、ガラスに映っていた。

日暈

あれっと思って振り向いたら・・・。

日暈

天空に浮かぶ日輪。

大きな鳥が舞っていた。

真っ昼間の天空ショーだった。

空って面白いね。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。