1月の花材はアマリリスとチューリップ パリスタイルのブーケレッスン

アトリエコジーの花遊び色あそび。

白とグリーンで、清楚で媚びない感じのブーケを作りました。

1月の花材

1月の花材は4種類。

アマリリス(ダズラー)1本

チューリップ5本

ユーカリ(ポプルス)

ハラン3本

パリスタイルでは季節の花を使います。

アマリリスはクリスマスの花だと思っていたけれど、ちょうど今頃がシーズンなんだとか。

インパクトのある花なので、白とグリーンでまとめます。

今回のユーカリは葉っぱが丸くて、かわいい。

野崎三四子先生は、いい感じのグリーンを見つけた時は、グリーンにあわせて他の花を選ぶそうです。

いい感じのグリーンとは葉先がきれいで、お喋りしたり、踊ったりしているようなグリーン。

喋って踊る葉っぱ!先生のこの感性、好きーーーー。

まずはメインの花!…と思っちゃうシロートとは、目の付け所が違いますね。

アトリエ・コジー

まずはネトワイエ

覚えたての専門用語を使ってみる…オホホ(^^ゞ

ネトワイエとは下処理のこと。

チューリップは、葉の付け根に親指をあて、くるっと剥くように葉を取ります。

アマリリスは花が大きいので、花が開くと、その重さでおじぎしてしまうので、な、なんと、セロテープで補強。

ユーカリは、茎から余分な枝や芽を落とし、でこぼこをハサミでならしておきます。

ブーケにアレンジ

ハランでチューリップをくるむようにして、次はユーカリ、そしてアマリリス…と先生の順番を控えていたら、順番なんてないのよ!…と先生。

自分の感性に従って、お花の声を聞きましょう。

こんな感じかな?

ちょっとユーカリがうるさいわね。

収まりが悪くて、花材がくるくる回ってしまうのは、ここじゃない!と花が主張しているからよ。

パリスタイル

ためつすがめつして、すべての花材の場所を決めたら、ラフィアでしっかり結びます。

茎を揃えて切ります。

アマリリスの茎は中が空洞になっているので、チマチマ切ると潰れてしまいます。

一気にズバッと切り落としましょう。

アマリリス

パリスタイルのブーケ完成

パリスタイル

あくまでも自然の中にあるように。

不自然に並べない、揃えない、方向づけしないように。

なるほど、パリの窓辺にさりげなく飾ってあるイメージね。

これからアマリリスが大きく開くと、また違った趣になるでしょう。

ラッピング

ブーケなので、ラッピングも教えてもらいます。

パリスタイル

白とグリーンのシックな色合いなので、ペーパーもシルバーで大人っぽく決めます。

一緒にレッスンを受けているひろみさんは黒のリボン、私はピンクのリボンを選びました。

性格でてるね。

アトリエ・コジー

ガラスのピッチャーに飾る

家では、ガラスの水差しに飾りました。

チューリップは温かいとすぐ開いてしまうので、涼しい場所に置きます。

アマリリスは長持ちするとのこと、いろいろな顔が見られそうで、楽しみで~~~す。

パリスタイル

アトリエ・コジーHP

花遊び・色あそびレッスンレポ

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。